職場復帰しづらい?派遣で産休/育休明けをスムーズに

公開日:2023/09/01  最終更新日:2023/08/23

産休、または育休が明ける時期が近づいてきた時に「なんとなく復帰したくないな…」とモヤモヤしてしまう人は、多いのではないでしょうか。仕事と子育ての両立ができるか不安、すぐに二人目が欲しい、ブランクがあるから復職してちゃんと仕事ができるか心配、などモヤモヤの原因はさまざま。派遣という働き方でそんな問題を解消しましょう。

そもそも産休…育休とはどのような制度?

育児と仕事の両立を支援するために設けられた産休と育休制度は、現代の労働環境において重要な役割を果たしています。これらの制度は、新たな家族の一員を迎える際に、仕事と家庭をバランスよく調整するための支援を提供するものです。その詳細について見ていきましょう。

産休・育休とは?

産休、育休とよく耳にしますが、正式には産前産後休業、育児休業と呼びます。労働基準法により、出産するすべての女性に認められているのが産休です。産前休業は出産予定日の6週間前から、産後休業は出産日の翌日から8週間まで取得できます

一方、育休は女性でなく男性でも取得可能な、子どもを育てるための休業制度です。昨今では男性が育休を取得するケースも増えています。育休は子どもが生まれてから、1歳になるまでの期間と決められています。

しかし、保育所が見つからない等の理由がある場合には、申請により1歳6か月から2歳まで延長ができます。

雇用形態に関係なく取得できる休業制度

産休や育休は、条件を満たせば、正社員でなくパートやアルバイトでも取得できる制度です。産休は週1日勤務のアルバイトであっても、雇用期間に制限がある契約社員であっても対象となります。

一方、育休は子どもが1歳6か月になるまで雇用が見込まれる人が対象です。これより前に契約が終了となる場合には、対象外となる場合があるでしょう。

産休・育休中は給付金が受け取れる

産休中や育休中は、働いていないため会社から給料の支払いはありません。しかし出産手当金、育児休業給付金、児童手当として1か月に給料の5~7割のお金がもらえます

また産休・育休中、被保険者資格はそのままで、社会保険料も免除されます。

復職しづらい理由は人による

産休・育休明けを控えたみなさんは、待ちに待った復職!という人だけではありません。復職しづらいと考える人にはさまざまな理由があるでしょう。

復職したくてもできない人、復職自体に不安を抱える人もいます。次のような方は働き方を考え直す必要があるかもしれません。

預け先が見つからない

仕事に復帰するためには、子どもを預ける場所を見つける必要があります。しかしながら、預ける保育園が見つからない、定員がいっぱいで待機児童になってしまったというケースは多いものです。

保育園の入園の目途が立たない場合は、2歳まで育休の延長ができますが、さらにブランクが空いてしまうことで、仕事復帰への不安が大きくなってしまう人もいるでしょう。

子どもとの時間がもっと欲しくなった

我が子を出産し、育児を始めたら「もっとこの子との時間が欲しい」「もっと子どもの成長を近くで見守りたい」という気持ちが生まれることもあるでしょう。

フルタイムで復帰すれば、一緒にいられる時間も少なくなってしまいます。仕事よりも育児に時間を使いたい、短時間勤務にしたいと考える人も多いでしょう。

元々職場に不満があった

働いてはいたけれど、なんとなく職場が好きではなかった、仕事が好きではなかった人は、産休・育休を機に仕事を辞めたくなってしまう人もいるでしょう。

また「人員不足で産休・育休が歓迎されない雰囲気がある」「すぐに二人目が欲しいけど、また産休?と思われそうで不安」といった、職場環境への不満から復帰をためらってしまうケースも少なくありません。

一度仕事をリセットして、新たな職場で頑張りたいという方も、働き方についてじっくり検討してみましょう。

育休明けの働き方に派遣はおすすめ

育休明けに仕事は続けたいと思っても、子どもがいると、これまで通りに働くのは難しいことがあります。フルタイムから時短勤務に変更する方もいるでしょう。

しかし、忙しくする同僚を横目に一人帰宅するのがつらい、周囲にどう思われているか気になる、といった新たな悩みが生まれることもあります。そこで、おすすめしたいのが派遣という働き方です

ここでは、派遣として働くメリットをご紹介します。自分に合っているかも…と思った方は検討してみてはいかがでしょうか。

時短勤務も可能

派遣社員としての働き方では、時短勤務も可能です。週3日だけ、毎日4時間だけなど自分の都合に合った働き方ができるのがメリット。自社の社員でないことから、先に帰っても引け目を感じることもありません。自分のペースで働けるでしょう。

自分にぴったりの仕事が見つかる

転職しても、これまでのキャリアを生かした仕事を続けたいと考える人も多いはず。派遣会社が派遣先を決める際には、本人の希望する勤務地域やスキルとのマッチングを行います。

そこで、同じような職種の仕事に就けたり、キャリアを捨てずに済んだりすることから、大きなメリットになるしょう。

仕事・育児をしながらプライベート時間も持てる

派遣としての働き方へシフトすることで、時間に余裕ができる方が多いでしょう。フルタイムの時は帰宅後も休みの日も、とにかく家事や育児に追われていたという方も、時短勤務ならプライベートの時間も増やせます。

子どもとゆっくり過ごしたり、お出かけしたりする時間も持てるでしょう。また、キャリアアップを目指したい方、育児が落ち着いた時にほかの職種へ飛び込んでみたい方は、資格取得の勉強時間に充てるのも良いでしょう。

まとめ

産休・育休明けに、なんとなく復帰しづらいな…と思っていた方は、派遣という働き方もあると知ることで、少し安心できたのではないでしょうか。実際に復職した方も、働きたい気持ちはあるけど、仕事と家事育児の両立が大変…時間に追われる毎日にクタクタ、イライラしてしまうという方も多いものです。今は無理だけど、将来的にはまた正社員で働きたい!と考える方も少なくはありません。派遣という働き方にシフトしてみることで得られるメリットは、たくさんあります。産後の自分らしい働き方について、一度じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

同一労働同一賃金が施行され、派遣会社も正社員と同じ待遇が受けられるようになりました。そのため、ひと昔に比べて魅力的な求人が多く、サポート体制や福利厚生も充実しています。 しかし派遣会社にもい
続きを読む
会社名 株式会社メビウス 住所 〒920-0058 石川県金沢市示野中町1丁目5番地 電話番号 076-208-3923 メビウスは、北陸地方を中心に展開する人材派遣会社です。製造業や物流業
続きを読む
事務派遣とは、多くの企業や組織が一時的なニーズを満たすために利用するサービスです。オフィス環境でのさまざまな業務から、プロジェクト管理、データエントリー、顧客対応まで、事務派遣は柔軟性と多様
続きを読む